フラワーカウンセリング クレド

フラワーカウンセリングとは

一般的なカウンセリングでは、「相談者の話を聴く」ことで、相談者の心を汲み取り、相談者自身が自ら問題を解決していけるように寄り添っていくことが、主な関わり方になってきますが、花心理カードを使うフラワーカウンセリングは、一般的なカウンセリングでは、探ることのできない相談者の奥深くにある心理状態まで見ていくことができます。

更に、一人ひとりの可能性や向き不向きといった方向性もみていくこともできます。

またフラワーエッセンスは、自然療法の中で唯一、精神的な問題に働きかけることができるということで、世界中のセラピストの注目を集めています。
フラワーカウンセリングは、このエッセンスを併用することで、一般的なカウンセリングのように問題やストレスに対して言葉でアドバイスするだけでなく、「意識して何とかしたいと思っても、どうしようもできない」とあきらめている問題を解決したり癒すことができます。

花心理カード

添付画像 花心理カードとは、花の画像から作られたカードをカウンセリングに取り入れることで、話しを聴くだけでは探ることのできない深層心理やクライアントの可能性や性格傾向、過去からの影響などを見ていくことができます。大人はもちろんですが、自分の悩みを話したがらない子供のカウンセリングにも適しています。

フラワーエッセンス

添付画像
1930年代にイギリス人の医師によって作られた花のポジティブなエネルギーが詰まったものです。心身のストレス解消や自己実現といった主に内面的な問題に働きかけます。数ある自然療法(ハーブ、アロマ、アユルヴェーダなど)の中で最も心、感情、性格的な問題に作用するものとして現在、世界中の自然療法やカウンセリング、医療の現場で使われ始めています。

クライアントの声

添付画像 フラワーカウンセリングはクライアントが選んだ花心理カードでクライアントの話をまったく聴かないうちに内面の状態をリーディングします。
リーディング後のクライアントからの第一声は、
 「なぜ私の心がわかるのですか?」
 「まさに今、そのことで悩んでいるのです」といったことを言われます。

またそれによって
 「どうやって口火をきろうかと迷うような話しづらい内容でも、とても話しやすくなりました」とも言われます。そして安心してご自分のことを話され始めます。

花心理カードで心を読んでもらえることで
 「誰にも気づいてもらえなかった私をここで見つけてもらった気がします」
 「やっぱり私ってこういう人間なんですね」
 「このことは誰にも話したことなかったのに、そんなことまでわかるのですね!」
といったように自分自身の再認識をされることもよくあります。
あやふやだった自分というものが明確になることで安心して次の決断に進むことができます。

花心理カードには未知の可能性を示すこともできます。
どのような方向性が向いているか、クライアントのこれからやろうとしていることが果たして大丈夫なのか? そういった未来への可能性もみていくことができます。

クライアントの相談例

職場の人間関係のストレス,仕事や将来への不安,恋愛・結婚,
子供のひきこもりや不登校,自分や家族のうつ問題,家族との関係 etc.

お問い合わせはこちら

サロンのご紹介
フラワーカウンセリングクレド Credo
福岡市中央区港3-10-25
TEL:092-201-3073
フラワーセラピストプロフィール
クレドへのアクセスマップ

facebook

クレドのブログ

サロンのご紹介

QRコードを読み取るだけで、簡単にアクセスできます。

携帯版URLはこちら
www.credo-flower.com/mobi/

携帯へURLを送る